Dr.エンドーのガッテン講座

講座その2:若さとは

「お年のわりにお若いですね」といわれて、熟年になったどなたも悪い気がしません。
とくにご婦人にとりましては!しかしこれはうわべのことでありまして、何が「若さ」かがあらためて気になるところです。

実はひとそれぞれの「若さ」とは、「動脈年齢」といいかえることができましょう。
成長期の動脈が神様からさずかった「動脈年齢」ということができましょう。
かって理想的な最高血圧は100プラス年齢といわれましたが、これはあやまりであることがわかってきました。
どのようなお年でも、理想的な血圧は成長期の120/80という血圧であり、これが理想的な「動脈年齢」といえるでしょう。
ですから「若さ」とは、この血圧を維持している「動脈年齢」ということになります。

「動脈年齢」とは、「動脈という管」のしなやかさといいかえることができます。
動脈のしなやかさは、血圧と中を通る血液の内容によって時々刻々変化します。
動脈は三層構造であり、内膜、中層の平滑筋層そして外膜からなります。
とくに内膜細胞と中層の平滑筋層の状態は、動脈のしなやかさの維持にとって大変重要です。
動脈が硬くなるか否かは、これらふたつの層に顕微鏡レベルの変化がおきるかどうかにかかっています。
ひとつは、脂っこいものを食べ過ぎておこる粥状硬化は内膜変化であります。
第二は、中膜平滑筋細胞が高い血圧に耐えかねて萎縮し、線維でおきかわる中膜の動脈硬化であります。

高い血糖値のブドウ糖は内膜細胞を傷つけ、その場所に炎症を起こさせるために、糖尿病では動脈硬化を起こしやすくなります。
肺から血液に吸収されたタバコは内膜細胞を傷つけて、全身の動脈内膜に炎症を起こさせえましょう。
最近の研究では、動脈硬化は炎症から起こってくることが証明されつつあります。
ブドウ糖もタバコのニコチン以外の毒性物質も、活性酸素という悪玉酸素として細胞に危害を与えることになります。
動脈の内壁では、炎症にともなう血栓形成が起こりやすくなり、中層の平滑筋層のしなやかさをおびやかします。

1 2