Dr.エンドーのガッテン講座

講座その3:動脈年齢をわかわかしく!(1)大動脈硬化と動脈硬化とは?

この対策にはさまざまあります。以下の提案を参考にして、柔軟にためしてみてください。

  • まず禁煙はさけて通れません。
  • 血圧はおさえで安定させましょう。
  • カロリーをひかえめにしましょう。
  • 寒流魚、野菜、果物、大豆、緑茶、ニンニク、キノコや豆類の植物繊維、赤ワインはおすすめです。
  • 牛肉、豚肉、バター、マーガリン、乳製品はひかえめにしましょう。
  • マーガリンの誤解を解消しましょう。塩分と糖分はひかえめにしましょう。
  • 適度の運動をしましょう。
  • 理想体重のプラス10%以下におさえましょう。

前回お話しましたように、人の寿命は血管次第といわれます。
血管の中でも動脈をわかわかしくしておくには、血圧と食べ物のカロリー特に脂肪に注意をはらいましょう。
牛肉、豚肉に多い飽和脂肪酸そしてオメガ-6脂肪酸の多い植物オイルを減らしましょう。
オメガ-3脂肪酸の多い魚をとりましょう。
カロリーをへらして、野菜や果物をとることに心がけましょう。
脂肪の内容に気をとめることはがん予防ばかりでなく、動脈硬化予防を含めて生活習慣病予防につながり、健康全体にプラスします。
よい脂肪をとる提案の背景について三回にわけてお話しましょう。

1 2 3