Dr.エンドーのガッテン講座

講座その6:赤いトマトの健康パワー(1)

いままでのところで、食べものや生活習慣が知らずしらずのうちに病気をひきおこしていくありさまが多少でもイメージされましたら、さいわいです。
しかし、わたしたちのからだは「神様」が大変巧妙につくってくれましたおかげで、なかなか病気にならないようになっています。
いわば船の復元力みたいに、左右にゆさぶられても元にもどろうとする力が十重二十重(とえはたえ)に備わっています。
多少の暴飲暴食をしても、過剰なストレスがあっても、体調はゆっくり元にもどって元気をとりもどすことになります。
こう考えてきますと、なんともからだや自分がいとおしくなってきて、このような創造物たちをこしらえた地球という環境がじつに「有難き」ことにおもえませんか。
そして、自分にやさしくするように周りの人々ともなごやかなキズナがしらずしらずのうちにひろがっていくことでしょう。

多少の暴飲暴食をしても、過剰なストレスがあっても、体調はゆっくり元にもどって元気をとりもどすことになります。
こう考えてきますと、なんともからだや自分がいとおしくなってきて、このような創造物たちをこしらえた地球という環境がじつに「有難き」ことにおもえませんか。
そして、自分にやさしくするように周りの人々ともなごやかなキズナがしらずしらずのうちにひろがっていくことでしょう。

さまざまな生きものに接するたびに、わきあがる情感とともにじっくり見てみようという好奇心は、心の力である「気」からわきあがってくる人間本来の本能かもしれません。
どのようなひどく傲慢な人でも、赤ちゃんや猫や犬などの動物たちのかわいさには負けるでしょう。
これから桜の季節をむかえますが、待ちこがれる気持ちはふつふつとたぎってきましょう。
これらも人間本来の本能的な「気」がゆさぶられるからといえましょう。このような「気」がゆさぶられるような目線で、わたしたちの健康と食べものについてさらに考えていきたいとおもいます。

1 2 3