Dr.エンドーのガッテン講座

講座その6:赤いトマトの健康パワー(1)

こうしたさまざまな情報から、リコペンのことが医学的に研究されてきています。
たとえば、血液中のリコペン量の高い人々では、前立腺がん、肺がん、胃がんにかかりにくいという報告があります。
また膵がん、大腸がん、食道がん、口腔がん、乳がん、子宮頚がんについても同様の傾向がみられたということです。
これらからリコペンあるいはトマトの力によって、生活習慣病であるおとなのがん予防に期待がもてそうで、今後の研究結果が待たれます。
ところである程度のお年の方々には、むかしのトマトと今のトマトでは味や香りがずいぶんちがうことを実感されているとおもいます。かくいうわたしもそうです。

戦後の疎開地で母親がつくっていたトマト畑で、ひとつもぎ取って食べたときにナント香ばしかったことでしょうか。
果肉の味や歯肉にまとわりつく歯ごたえはいまだに忘れられません。おいしいトマトを食べるたびに、ずいぶん昔の初夏の暑い日を思い出して、大いなるノスタルジックな気分となったものでした。
こうした思い出はセピア色のアルバムの一ページとして長らく折りたたまれていましたが、ここ都城でそのアルバムがふたたびひらかれようとは!藤元メディカルシステムの温室で栽培されている無農薬トマトと遭遇したときにその思い出をあらたにしました。
色よし、味よし、香りよし、そしてクスリにまさることが期待されるトマトです。是非お試しくださることをおすすめします。

1 2 3