Dr.エンドーのガッテン講座

講座その7:赤いトマトの健康パワー(2)

前章で、トマトという食材の見なおしから、食材の本来の自然らしさが大量生産を目的とする農業によってだいぶ変わってきてしまったようすをお話ししました。
大量生産の農産物は表面的な需要に間にあう食べ物というだけの価値からしか評価されず、農作物の本来の意義が見失われてしまった感があります。
医食同源ということばが死んでしまって久しいのですが、こうした思いちがいにいたってしまったことに原因がありましょう。
また、現代医療が薬にたよろうとする常識をわたしたちにうえつけてしまったことにも根ざしているのでしょう。

現代医療でいう特効薬とは抗生物質の切れ味ですが、慢性の病気や生活習慣にからむ病気に対するくすりは必ずしも切れ味鋭くありません。
かえって副作用に悩まされてしまいます。こうした病気に対して、食材に根ざした薬効について改めて考えなおしてみる必要がありましょう。
ありのままの食材を医食同源という見方から見なおして改良し、伝統の中に埋没している情報の断片に温故知新を求める必要があろうかとおもいます。数千年の生活の知恵はおそらく馬鹿にならないからです。

「高血圧症」や「動脈硬化症」の際にも述べましたように、病気になるかならないかが食べ物からはかりしれずに影響を受けているわけです。
その一番のよい例は、日本人における塩分制限による高血圧性脳卒中死の減少です。また食べ物の脂肪成分やカロリーの増加傾向と肥満症や糖尿病でなやむ人々の増加とが深くかかわっていることは歴然としています。
これらは食べ物の意義をまさに反映していると読み取れるのです。
ですから、今回はトマトをスタートとして、ありふれた食べ物を例にあげながらそれらの意義をほりさげてみようとおもいます。
こうしたことは、たとえばトウモロコシや大豆でも同じことがいえます。また地鶏の肉や卵のなか身についてもいえることであります。
野菜や果物についてこまかい成分までくわしく調べていくと、地域ごとに大変異なっているものです。

また、見た目に同じように見えるトマトでも50年前のトマトと昨近のスーパーで見かけるものとでは、なか身はかなりことなっているとおもわれます。
トマトの生育という原点にもどって、自然を取りもどす食材として見なおす必要があろうかと考えます。

トマトのおいしさである「コク」は適度な酸味と甘みです。酸味は食欲をまし、胃液の酸味に加勢します。
トマトの酸味のビタミンCはアスコルビン酸という酸であり、胃液内で粘膜の防波堤である粘液にまざり胃がん予防に役立ちます。
またビタミンCが吸収されるとコレステロールとともに副腎皮質ホルモンの材料となります。血液中のこのホルモンとビタミンCはストレスのときにどんどん消費されていきます。
したがって、ストレスのあるときにはビタミンCの補給は大変重要になってきます。
トマトやミカンをはじめとしてビタミンCの補給は毎日こまめにされるとストレス解消に効果が期待できましょう。

1 2