Dr.エンドーのガッテン講座

講座その8:大豆の効用(1)”土からとれるお肉”と牛肉の関係

拝金主義がこの国をダメにした?

この間に、テレビの健康に関する番組の詐欺事件があり、国内外の食に対する疑惑問題が起こっております。耐震建築基準の問題も信じられない内容でした。
私たちの衣食住はいったい大丈夫なのでしょうか。わたしたちにとって根本的な食と住の問題が、すべて出そろってしまった事態です。
次々おこる教育や家庭の問題もまさに放ってはおけない、きわめてゆゆしいことです。
平和であるがゆえに起こってきた「ゼイタク病」ともいえる出来事であり、不健全な競争をあおるような社会現象の結果ともいえる出来事と考えます。

第二次世界大戦後のどん底からの復興時代は、まず食べなければという時代でした。
いずれは「アメリカのように豊かで幸せな社会を」と国民全体は必死でした。その行きついた先の現状、美しくあるべき日本の平和という現況が生み出した不可思議な逆転現象でもあるわけです。

ひとことでいいますと、拝金主義というのでしょうか。理性や倫理のまえに、「すべては金しだい」と信じてしまう妄想、妄念のひろがりです。
生きるために必死だった社会にはありえなかった堕落の世界です。理想や夢の語れない社会は虚の世界です。
そうした社会経済、企業、起業はおそらく虚業というものではないでしょうか。

食材や健康食品関係も営利主義に傾きすぎますと、詐欺まがいの誇大宣伝や科学性の全くない誤った健康常識をおしつけることになってしまいます。
「ミラクル商品」「魔法の弾丸」まがいの宣伝文句は誰が見てもおかしいとおもうのですが、「科学もどき」や「医学もどき」の宣伝には要注意です。
こうした広告はかなりうがって確認しないとなかなか「化けの皮」がはがれてきません。

食材や健康食品関係も営利主義に傾きすぎますと、詐欺まがいの誇大宣伝や科学性の全くない誤った健康常識をおしつけることになってしまいます。
「ミラクル商品」「魔法の弾丸」まがいの宣伝文句は誰が見てもおかしいとおもうのですが、「科学もどき」や「医学もどき」の宣伝には要注意です。
こうした広告はかなりうがって確認しないとなかなか「化けの皮」がはがれてきません。
教育や医学、医療という国民の根幹を支える分野といえども現状はかなり危なっかしい状況です。
なにごとも作り上げることは並大抵ではありませんが、ひとたび壊れはじめるといとも簡単に機能不全に陥ってしまいます。

ところでガッテン講座は科学的に正確で中立的な情報を土台にして、地味ながらも斬新な内容でありたいと考えております。
つまり新しければ何でもよいということではなく、温故知新のことば通りでありたいと考えております。
つまり「古きをたずねて、普遍的な新しさを知り」明日にいかしましょう。今後ともよろしくお願いいたします。

1 2 3 4