診療センター・診療科のご案内

治療の最前線

循環器内科で取り扱う病気

循環器内科で取り扱う病気は数多くありますが、当科(循環器内科)では特に、狭心症、心筋梗塞、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心筋症、不整脈などの患者さまを診察しています。

狭心症

心臓の筋肉に栄養や酸素を送っている血管(冠動脈)が狭くなり、詰まりかかって、心臓の筋肉への血流が悪くなる病気です。進行すると心筋梗塞になる場合があります。
急ぎ足や坂道、重たいものを運んだときなどに胸の圧迫する感じや締め付けるような感じが起こる方は、この病気の可能性があります。
治療はカテーテル検査の結果に応じて、薬の治療、カテーテルによる治療(風船、ステント治療)、バイパス手術のいずれが適しているかを判断します。

心筋梗塞

心臓の筋肉に栄養や酸素を送っている血管(冠動脈)が詰まってしまい、心臓の筋肉が死んでしまう病気です。
狭心症が進んだ状態であり、命に直接関わる重大な病気で、強い胸の痛みが長く(15分以上)続きます。
心筋梗塞になって間もない(12~24時間以内)方は、原則として緊急カテーテルによる検査ならびに治療(風船、ステント)を行って、その後に薬による治療を行います。

心不全

心臓に何らかの異常があり、それが原因で、心臓のポンプとしての働きが低下し、全身の血液のめぐりが悪くなっておこる状態のことです。したがって、心不全は重大な心臓病を持っていることを意味します。
息苦しさや足、顔のむくみは心不全のサインの場合があります。
治療は入院治療の場合が多く、心臓の働きを助ける様々な薬を組み合わせて使い、心不全の状態を良くします。
また、心不全の原因となる心臓の病気の検査、治療をします。

高血圧

血圧が高いまま放っておくと、心臓の負担が増えて心臓肥大や心不全、また動脈硬化が進んで、狭心症や心筋梗塞、腎不全、脳卒中、大動脈瘤などの生命に関わる病気になりやすくなります。
食事、運動並びに血圧を調節する薬(降圧剤)で治療します。

  1. 脳に生じる合併症 : 脳梗塞/脳出血/くも膜下出血
  2. 心臓に生じる合併症 : 狭心症/心筋梗塞・心肥大/心不全
  3. 腎臓に生じる合併症 : 蛋白尿/慢性腎臓病/腎不全
  4. その他 : 眼底出血/網膜静脈閉塞症/大動脈解離/大動脈瘤/末梢動脈疾患
心臓弁膜症

心臓にある4つの弁(大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁)の1つ以上が悪いためにおこる病気です。
弁の開きが悪い“狭窄症”と、閉じが悪い“閉鎖不全症”があり、心不全の原因ともなります。
心臓に雑音が指摘された方は、弁膜症の可能性があるため、検査をうける必要があります。中等度の弁膜症は、薬による治療を行いますが、重度の弁膜症の場合は精密検査(カテーテル検査、心エコー検査)を行って、手術が必要かどうかを決めます。

心筋症

心臓の筋肉が異常に厚くなったり(肥大型心筋症)、薄くなったり(拡張型心筋症)する病気です。
肥大型心筋症では肥大のパターンと不整脈の合併が問題となります。
拡張型心筋症は心不全と不整脈が問題です。とくに拡張型心筋症は生命に関わる重大な病気です。
原則は薬による治療ですが、病気の状態によっては手術による治療が必要な場合もあります。

不整脈

脈が飛んだり、急に速く打ったり、異常に遅かったり、と様々な不整脈があります。治療の必要なものと治療する必要のないものがあります。
動悸や瞬間的な胸の違和感、失神や意識を失いかけるような感じ、などは不整脈についての検査が必要です。
治療が必要な場合は薬による治療を行いますが、不整脈の一部はペースメーカー治療や、カテーテルアブレーション治療で治すことができます。

肺血栓塞栓症

肺の中の血管に血の固まり(血栓)が飛んできて詰まる病気です。
最近はエコノミークラス症候群とも呼ばれ、肺に行く大きな血管が詰まったり、広い範囲で詰まると命が危険になる病気です。
血栓を溶かす薬や血栓ができるのを防ぐ薬を使って治療します。

閉塞性動脈硬化症(重症な場合は、重症下肢虚血となります)

動脈硬化により、足に流れる動脈が狭くなったり、詰まったりするため、足の血の流れが悪くなる病気です。
足の色が悪くなったり、数百メートルの歩行で筋肉が痛くて歩けなくなる場合(間欠性跛行)はこの病気の可能性があります。
重症化すると、下肢切断の危険性もあります。
薬による治療とカテーテルにより狭い部分を広げる治療、バイパス手術による治療があります。

深部静脈血栓症

足の静脈に血栓(血の固まり)ができて詰まる病気です。
足の静脈にできることが多く、急に足がむくんだ場合は要注意です。
前に述べた肺血栓塞栓症の原因にもなります。