診療センター・診療科のご案内

治療の最前線

循環器検査の紹介(狭心症、心筋梗塞の検査)

循環器内科では、心臓や血管の病気を見つけるために様々な検査を行います。
今回は狭心症、心筋梗塞が疑われる時に行う検査の一部をご紹介します。

運動負荷心電図検査(トレッドミル検査)(予約制)

当院で行っている運動負荷心電図検査は、ベルトの上を歩いていただき、運動前・中・後の心電図を記録して行う検査です。
通常行う心電図検査では判らない狭心症の診断や治療効果の判定、日常生活での制限の範囲を決める目的や、不整脈の病気について治療が必要かどうか、などを決める目的で行います。

24時間(ホルター)心電図検査

病院の中で行う通常の心電図検査では、わずか数分間の記録しかわかりません。。
そこで、一日分の心電図をテープに記録する検査が24時間(ホルター)心電図検査です。。
不整脈の診断・治療の必要性の有無や治療効果の判定、狭心症の診断、原因不明の失神の原因検査などに有用で、機器を付けている間は、入浴やシャワーはできませんが、その他の日常の生活・仕事は可能です。

心臓超音波(エコー)検査・経食道心エコー検査・末梢血管エコー検査

超音波を用いて体に悪影響を与えることなく、心臓や血管の状態を見ることのできる検査で、胸の上からみる通常の心臓エコー(経胸壁)検査、食道の中に内視鏡のようなものを入れることでより詳細に検査する経食道心臓エコー検査、手足や首の血管の状態を見る末梢血管エコー検査があります。
心臓エコー検査は心臓の形・大きさや動き、弁の形や動き、心臓内や血管の血液の流れる状態の検査などがわかる大変に有用な検査です。

冠動脈CT(予約制)

狭心症、心筋梗塞などのいわゆる冠動脈疾患の診断には,最も信頼できる検査方法として心臓カテーテルが用いられます。しかし、近年になり,カテーテルを使わなくても冠動脈の画像を撮影することができる冠動脈CT検査が行われるようになりました。
造影剤は腕の静脈から入れるだけで,検査にかかる時間も短く,心臓カテーテル検査に比べて負担が小さいのが特徴です。検査の信頼性もカテーテルとほぼ同程度まで向上しました。
冠動脈の内腔の大きさの評価だけでなく,動脈硬化による冠動脈壁の石灰化なども評価できます。

心臓核医学検査(心筋シンチ)(予約制)

狭心症、心筋梗塞などのいわゆる冠動脈疾患の診断には,最も信頼できる検査方法として心臓カテーテルが用いられます。
しかし、近年になり,カテーテルを使わなくても冠動脈の画像を撮影することができる冠動脈CT検査が行われるようになりました。
造影剤は腕の静脈から入れるだけで,検査にかかる時間も短く,心臓カテーテル検査に比べて負担が小さいのが特徴です。検査の信頼性もカテーテルとほぼ同程度まで向上しました。
冠動脈の内腔の大きさの評価だけでなく,動脈硬化による冠動脈壁の石灰化なども評価できます。

心臓カテーテル検査・血管造影検査 (予約制:入院が必要です)

カテーテルと呼ばれる細い管を使って、心臓の中の圧測定や心臓を養う血管、心臓の動き、弁の調子を調べます。
現在の病気の状態を確かめ、治療方針をしっかり決めるための検査です。
具体的には検査は局所を麻酔して行い、約2mm程度のカテーテルという管を、手、足の血管から心臓まで挿入して行います。

カテーテルが心臓に到達したら、まず、心臓内の血圧を測定します。
次に、心臓を栄養している血管(冠動脈)や、左心室を造影剤というお薬を流してX線で撮影し、動画として記録します。
検査時間は、おおよそ15分から30分程度です。
検査翌日には、その結果とおおよその治療法の方針がお話しできます。心臓カテーテル・造影検査は、病気の診断、治療法の決定に欠かせない大切な検査です。