家庭の医学

心疾患について(1)

心臓の病気(循環器系)について

はじめに

心臓・血管外科の進歩によって、治りにくいと言われていた病気の治療も可能となってきました。しかし、以前として心臓の病気の死亡順位は高くなっています。

1位 悪性新生物(癌) 2位 脳血管の病気 3位 心臓の病気

悪性新生物が死と直結して受け取られやすいのと同じように、心臓の異常は死につながると考え、心臓拍動の変化を自覚し、心臓の病気ではないかと悩む人もいます。
また、器質的に異常があっても自覚症状がなければ、無理な生活をし、症状を自覚したときは、病気の状態は相当に進行していき生命の危機に陥る場合もあります。

成人病から生活習慣病へ

「成人病」という言葉は、厚生省が30年代初頭より用い始めた行政用語で、昭和32年に成人病予防対策協議会連絡会の議事録に「成人病とは、主として、脳卒中、癌などの悪性腫瘍、心臓病など40歳前後から急に死亡率が高くなりしかも全死因の中でも高位を占め、40~60歳の働き盛りに多い疾患と考える。」との記述があります。

厚生省は、昭和27年頃から、これらの病気について、治療の方法だけではなく早期発見、集団検診、健康管理などについて研究を進め、(循環器疾患の実態調査)国立循環器センターを設置し、健康の推進など各種施策を推進してきました。

これらの病気は、年齢が上昇するに従ってその頻度が増える性質があるため、人口の高齢化に従ってますます増加することが予想されます。しかし、生活習慣とこれらの病気の発症との関係が明らかになってきています。

予防対策

  1. 健康を増進し発病を予防する(ひとりひとりが健康的な生活習慣を自分で確立する)
  2. 病気を早期に発見し早期に治療する(健康診査の普及・確立が中心)
  3. 病気にかかった後の対応として治療機能・機能維持

生活習慣病

行政は、健康に対する自発性を促し,生涯を通じた生活習慣改善のために個人の努力を社会全体支援する体制を整備してきました。
(生活習慣を改善することにより、病気の発症や進行が予防できるという病気の捉え方を示したものであり、各人が病気の予防に主体的に取り組むことを目指したもの)

そのようななかで、多くの人々は、心臓病と診断されると、その意味を理解し、深い関心を寄せ、また反対に、ある人々は心臓の病気に対してあきらめの気持ちを持ったり、“突然おこる”心臓発作には、なすすべがないと思いこんでいたりします。この結果、その症状を無視したり、他の原因にしてしまったり、症状の報告をおくらせてしまうことになります。
人間が生命を維持するため、血液循環の働きの中心となる心臓は胸部のほぼ中央に先端を約50度傾けた状態でリズムをとってポンプ作用を営んでいます。

心臓は、4室と4つの弁をもっており、心室の収縮によって酸素濃度の高い動脈血は全身へ(体循環)酸素濃度の低い静脈血は肺へ(肺循環)とそれぞれ送り出され弛緩した心房に全身から静脈血と肺からの動脈血が流れ込む心房の血液は、弛緩した心室へと移動します。

心臓は、一定のリズムで収縮-弛緩を繰り返し、心筋の収縮・弛緩に応じて、動脈血と静脈血が一定の方向に流れるように動脈血と静脈血を仕切る中隔があります。そして、中隔の左右それぞれに血液を受け入れる心房と押し出す心室があり、逆流しないように房室間と出口には弁を備えています。

心房壁は伸展性があり、心室壁は筋層が厚く体循環を担う左室壁がとくに強靱となっています。
心臓自体への酸素と栄養素の供給は、大動脈の出口近くから出る2本の冠動脈と心筋の静脈血を集めて冠状静脈洞から右心房に入る冠静脈として担われています。冠状動脈では動脈間連絡のしくみが発達しており、酸素欠乏時に側副路を形成して酸素欠乏によって起こる心筋の壊死を予防します。

1 2