家庭の医学

肝臓病について(2)

肝臓病について 2

はじめに

シリーズその1で、肝臓についておおかた知っていただけたでしょうか?
「肝心かなめ」の臓器である肝臓は、「沈黙の臓器」であるということで、ちょっとした症状でも感じたら、検査一つでもしていただきたいという思いで、みなさんにお話しました。そして、それが肝臓病の予防、早期発見・治療につながります。
今回より、その肝臓病について、一つ一つ丁寧にわかりやすく、ひもといていきたいと思います。肝臓の病気に悩む人やその家族、肝臓の予防に関心のある人など少しでもお役に立てれば幸いです。

肝臓病には、肝炎、肝硬変、肝癌が多くを占めます。この中で圧倒的に多いのは、肝臓の炎症つまり「肝炎」です。
酒の飲み過ぎが原因だと思われる人も多いようですが、アルコールが肝臓病の直接的原因であることは、実は、それほど多くはないのです。
現在、慢性肝炎の8割の人が、肝炎ウイルスをもっているということが、明らかになっています。「ウイルス肝炎」を患う人が多いということです。
そこで主な肝炎を占める「ウイルス肝炎」と、それ以外に肝臓の機能を衰えさせる原因となっている、アルコールによる肝臓病、薬剤による肝臓病などをとりあげてみたいと思います。その前に、肝臓病の経過をお話しましょう。

肝臓病の原因は、先程あげたウイルス、アルコール、薬剤等ですが、経過としてまず急性肝炎をおこします。これは主にウイルス肝炎の場合をさし、他の原因の場合には、肝障害と呼びます。

これはウイルスが感染したときに、ウイルスという異物を体内から追い出そうとする働き(免疫機構)により、肝細胞そのものを破壊するために、炎症がおこります。
この時の症状は、一般的には、熱が出る、からだがだるい、下痢をする、食欲がない、吐き気がする、尿の色が濃い茶褐色になるなどがあります。

治療のポイントは、とにかく安静にすることです。
そして急性肝炎については、基本的には治る病気ですが、ごく一部に肝細胞の破壊が広範囲に及び、肝機能が営めなくなる「劇症肝炎」に移行することがあります。

劇症肝炎は、意識障害(時、場所、状況がわからなくなったり、眠ってばかりいるなどの症状から始まる)を伴うもので、急性肝炎になって、皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状がでた後も、発熱、からだのだるさなどの症状が進み食欲がもどらない場合、注意が必要となります。
専門の治療のできる医療機関の入院が必要です。というのも、劇症肝炎になると、いろいろ病気を併発(胃や腸など消化管の出血・肺炎)し、予後(生存率)がよいとはいえないからです。
ただし、生存率はあがってきていますので、恐れず劇症肝炎が疑われる場合、早急に治療を受けましょう。治癒後は普通の生活にもどれます。

急性肝炎の後、ごくまれに劇症肝炎に移行する話をしましたが、ウイルスの種類によっては、次に慢性肝炎に進行する場合があります。
慢性肝炎は、6ヶ月以上の肝機能異常とウイルス感染が持続している状態です。症状は、軽く肝臓の機能もほとんど保たれ、ダメージは少ないように思われますが、大きな問題は、慢性肝炎は将来癌になる可能性があるということです。
慢性肝炎から肝硬変に進み、それを基礎として肝癌が生じるという過程が明らかになってきています。

ですから、急性肝炎の時、慢性化させないよう、また慢性肝炎になっても肝硬変にならないよう、治療、注意が必要となってきています。
ただし、肝硬変が必ず肝癌へつながるわけではありませんので、恐れすぎる必要はありません。
このように、ウイルスの種類によっても経過が違います。ここでそれぞれのウイルス肝炎をみていきましょう。

1 2