家庭の医学

肝臓病について(3)

肝臓病について 2

はじめに

前回は、肝臓病の中でも圧倒的に多い「肝炎」、特にその殆どを占めるウイルス性肝炎を中心にアルコール性肝炎・中毒性肝炎・アレルギー性肝炎・ 脂肪肝についてお話しました。
肝炎イコール酒の飲みすぎが一番の原因と思われていた方、意外だったのではないでしょうか。

さて、今回は前回予告いたしました「肝硬変」についてお届けします。
皆さまがこの病気を正しく理解され、前向きに、より健康に過ごしていただければ幸いです。

肝硬変とは?

本症は様々の慢性疾患の終末像です。つまり、原因のいかんにかかわらず、様々の慢性疾患のなれの果ては共通だということです。
では、本症に至るのはどんな病気が多いのでしょう。
前回、読まれた方はお気づきかと思います。そうです・・・欧米諸国では大半がアルコール性ですが、わが国では、ウイルス性の慢性肝炎に起因するものが最多で、80%前後を示しています。
ウイルス性の慢性肝炎といえばB型・C型です。中でもC型の増加が目立ちます。
その結果、80%の内訳はB型が約20%、C型が約60%となっております。
C型肝炎の発見以前は、多くの肝硬変患者さんは不当に酒飲み扱いされることが多かったと聞きます。ここで、肝硬変=アルコール性という見方は謝りであることが理解されたでしょうか。

そうはいうものの、わが国に少ないとされているアルコール性肝硬変が、最近増加傾向ということも事実です。理由は簡単でアルコール摂取量が増えているからです。
特に、ジュースと同じような値段で手に入るようになり、安易に飲まれるようになりました。若年のアルコール依存症者も増加傾向にあり、肝疾患の臨床では避けては通れない問題となっています。

最近、お酒を飲みすぎているなあとお思いの方・・・ウイルス性の肝炎が殆どとはいえやはり、たくさんのアルコールは、私達の身体にとって歓迎されるお客様ではないようです。
肝臓になったつもりで労わりながら、楽しく飲みたいものですね。

その他肝硬変の原因となる病気として、自己免疫性肝炎、梅毒、薬物性、うっ血性、胆汁うっ滞性など多岐にわたっています。

ポイント
  1. 肝硬変はさまざまな慢性肝疾患のなれの果て
  2. わが国では、ウィルス性(C型・B型)肝炎が多い
  3. 欧米では大半がアルコール性肝炎、最近わが国でも増加傾向
1 2 3