家庭の医学

躁うつ病について

躁うつ病という病気について

はじめに

躁うつ病は、クリペリン(ドイツの精神医学者、1856~1926)により概念化されて以来、ずっと呼び慣わされてきた疾患名でありますが、現在では、すべてにわたり持続的な意味をもつ気分(mood)という用語がより適するとして、気分障害という語が用いられるようになってきました。
しかし、この章では、従来の「躁うつ病」の病名を使用することにします。

躁うつ病(気分障害)は、分裂病と並んで内因性精神病の一つとして重要な疾患で、一卵性双生児(遺伝素質が同じ)の一致率が高い事から、遺伝疾患であることが広く認められており、初発年齢は、おおよそ思春期以降で、女子の方が男子よりも多いと言われています。
また、同じような症状が、アルコ-ルや薬物の乱用、脳の外傷や脳腫瘍などによって見られる事もありますが、ここでは、心理的な原因や原因不明で起こる心の病気としてとり上げたいと思います。

感情とは誰もがもっている、喜び、怒り、哀しみ、楽しさなど心の中に湧き出してきた感覚を意識したものです。
また持続的で、弱い漠然とした感情を気分と言い、爽快気分、抑うつ気分などがあります。

現在の社会では、リストラ、就職難、受験などにより色々な悩みや、ストレスを抱える人々が増え続けており、躁うつ病(気分障害)を持っている患者の数は、確認されているだけでも、軽症を含め、おおよそ全人口のうち35%の人が1度は経験すると言われる程で、さらに近年病院を訪れる人数も増加傾向にあるようです。
2つの基本的な気分の異常として、うつ病と躁病があり、その症状は、精神病的水準にも達しており、正常な過程とは著しく異なり、早期治療を必要とします。

うつ病の症状

うつ状態を起こすのに十分な心理要因がある場合は、反応性うつ病または抑うつ反応と言いますが、近年では、内因性うつ病の発症にも環境要因が重要な役割を果たしていると考えられていて、両者は必ずしもはっきりと区別する事はできません。

うつ病は、女性の方が起こりやすく(女:男=2~3:1)、おおよそ20代後半から30代にかけて、発症すると言われています。
多くのうつ病患者は、抑うつを訴え、その初期症状に見られる特徴として、まず不安や焦燥感(イライラ)として現れ、さらに、疲れ、不眠、呼吸困難、頻脈、または頭痛などの痛みなどを訴える事があり、日常生活もままならない場合が多く見られます。時には、絶望のあまり、自殺をしてしまうこともあります。

特  徴
精神的症状

抑うつ気分、昜刺激性、不安、快感消失症、興味の消失、熱意の喪失、感情的結びつきの減弱、対人関係における引きこもり、死へのとらわれ、自己批判、無価値観、罪悪感、悲観、希望のなさ、絶望、集中力の乏しさ、記憶の障害、うつむきかげんでゆっくりとした動き、涙もろい、悲しげな顔がみられます。

身体的症状

不眠または過眠、食欲不振または食欲亢進、乾燥した口と皮膚、便秘、体重の減少または増加、動悸、めまい、息切れ、熱発、冷感などの自律神経の失調などを伴います。

躁病の症状

躁病は、気分の高揚が強く、たいした理由もないのにはしゃぎ回り、そのあまりにも気分が良すぎる事から、症状を訴えない事が多く見られ、生命感にあふれ、表情が明るく、自信過剰となり、自分の行動の行き過ぎ(早口、大声など)や乱暴・暴言に気付いていない人も中にはいるようです。
特徴として、妄想もよく見られますが、自分が金持ちやどこかの国の大統領だといった誇大妄想や、自分は異性にもてるといった恋愛妄想など、その症状は様々です。
発病率は、うつ病と比べると少なく、うつ病のおおよそ6分の1から7分の1と言われています。

特  徴
興奮、高揚した気分、大声で話す、多幸感、自己中心的、要求が多い、情動不安定、誇大性、我慢できないなどの特徴があり、悪化すると支離滅裂な会話、判断力の乏しさ及び金銭感覚の欠落、無秩序、妄想または幻覚などが見られます。

躁うつ病の経過

躁うつ病は、一般的には、躁うつの状態が反復して見られる事が特徴とされていますが、躁うつのどちらか一方が単独に現れる事もあります。
経過としては、主として次の三つがあげられます。

  1. 単発性 … 躁またはうつの状態がどちらか1つだけのもの
  2. 周期性 … いずれか一方(躁病なら躁病ばかり、うつ病ならうつ病ばかり)が周期的に繰り返されるもの
  3. 循環性 … 躁とうつの状態が交互に繰り返し反復されるもの

以上で、躁うつ病についてのおおまかな説明を終わりたいと思います。
躁うつ病は、軽い症状のケ-スだと見落としやすく、診断が大変難しい病気です。
その分、変化を感じた家族の方などの協力(相談など)、早期発見がとても大事になってくるのです。

次のページでは、躁うつ病になりやすいタイプや、躁うつ病のチェックポイントなどについて、ご説明させて頂こうと考えています。
もし、内容等におきまして間違いがありましたら、ご一報下されば幸いです。

参考文献

加藤伸勝編 : 目でみる病態-精神科-

大原健士郎編 : 「心の病」その精神病理

デビッド・A・トム編 : レギデントのための精神医学

1 2 3