家庭の医学

躁うつ病について

躁うつ病になりやすいタイプ(人)と躁うつ病をチェックするポイント

はじめに

前ページで、躁うつ病について、おおまかな説明はご紹介させて頂きましたが、今回は、躁うつ病になりやすいタイプ(人)と躁うつ病をチェックするチェックポイントについて、ご説明させて頂きたいと思います。

躁うつ病になりやすいタイプ(人)

これまでに、いろいろな精神科医によって、躁うつ病になりやすいタイプ(人)には、いくつかのパタ-ンがあることが報告されています。
中でも有名なのは、1921年に、ドイツの有名な精神科医クレッチマ-が、人間の体型を四つのタイプ(①痩せ型、 ②肥満型、③筋骨型、④発育異常型)に分類し、躁うつ病は肥満型に多く、性格は循環気質(躁うつ気質)であるとしたことです。

循環気質の特徴には、

  1. 人付き合いが良い、親切である、親しみやすい
  2. 朗らかである、ユ-モアに富む、激しく興奮しやすい
  3. 物静かである、落ち着きがある、物事を苦にする、柔和

などがあり、中には陽気で快活で、人付き合いの良い型と孤独で引っ込み思案の型とがあるとしています。
クレッチマ-は、これらの特徴が、著しく異常なまでに達したものを循環病質と名づけました。

しかし、躁うつ病の病前人格には、これまでに述べた循環性格のほかに、思い込みが激しく、頭の切かえが難しい等の執着性格が重要であることが、わが国の下田光造(1950年)によって指摘され、その後に、ドイツの精神科医テレンバッハも、ほぼ同様の性格をメランコリ-親和型人格と呼んでいます。
メランコリ-とは、ドイツ語でうつ病という意味です。
この型の人は、まじめで几帳面な人が多く、いつも組織や構成の整った状態の中で、密着して生きようとしています。

具体的には、仕事や周囲の人たちとの関わりの中で、はっきりと見られる事が多く、組織内での自分の評価がしっかり保たれていればいいのですが、このような状態が保たれない状態になった時に発病する事があります。

うつ病の発病に関する原因として次のような事が挙げられます。

個人・家族に関する出来事 職場などに関する出来事
  • 近親者・友人の死亡、別れ
  • 病気、事故
  • 家庭内での問題(けんか・浮気など)
  • 結婚、妊娠、出産、月経、更年期
  • 引越しなどによる環境の変化
  • 財産の喪失
  • 定年
  • 仕事による過労
  • 家庭の経済問題
  • 職場の移動(転勤、配置転換、転職など)
  • 昇進
  • 退職(リストラも含む)
  • 職務内容の変化
  • 仕事上の失敗
  • 病気による欠勤と再出勤
  • 昇進試験や研修
1 2 3