家庭の医学

神経症(ノイローゼ)について(1)

ノイロ-ゼ(神経症)の概要

はじめに

心の病気の中で、神経症、いわゆるノイロ-ゼは、比較的よく聞く言葉です。
しかし、実際には病気そのものをきちんと理解した上で、その言葉が使用される事は、非常に少ないように思えます。
「うちの子は、赤ん坊の時にすごく手がかかったから、私は一時ノイロ-ゼになった」、「Aさんは、受験ノイロ-ゼで入院をしたらしい」などと、もしかすると躁うつ病や分裂病であるかも知れない精神障害全般が、「ノイロ-ゼ」の一言でかたづけられる傾向にあります。
つまり神経症そのものの概念が、一般的にはかなり不明瞭であるといえます。
しかし、このような表現には、その人の優しさが隠されているのかも分かりません。

状況次第で誰にでも起きうる神経症(ノイロ-ゼ)

神経症は、ドイツ語でノイロ-ゼ(Neurose)、英語でニュ-ロシス(neurosis)と言います。
前述のように、一般にノイロ-ゼは、心の病気を総称する言葉のように考えられていますが、そうではありません。
ノイロ-ゼとは、神経症のことを指します。その原因は、主としてわれわれが受けるストレスにあると言われておりますが、全ての動物は、生きている間中、なんらかのストレスを受けていると言っても過言ではないでしょう。
もしかしたら、植物もかなりのストレスを、特に人類から蒙っているやも知れません。
都会の汚れた空気の中に、無理に植えられた植物たちの悲鳴が聞こえてはきませんか。

わが国に限らず、特に現代社会は、過大で数えきれないほどのストレスを吐き出しています。
民族紛争や宗教戦争などによる悲惨な生活を強いられる人々、環境汚染から生じる病気の数々、原子力への怯え、人口の増加、人間関係の複雑化、個人対組織・国家、不況、就職難、家庭内暴力などなど、その要素をあげれば文字通りきりがありません。
マクロ的に言うならば、世界総神経症時代と表現してもおかしくないわけです。そして、その傾向は増えこそすれ、減ることはないでしょう。まさに、われわれはこのような状況下に生きているわけです。
つまりは、その人の心のキャパシティ(許容量)次第では、容易に神経症に捕らわれることになるでしょう。

「不安」が神経症の発生源

神経症の概念が混乱しているのは、専門家の間でも時代や国によって、神経症の概念がまちまちであること、あるいは、その原因や症状が心身両面にわたって実に複雑であることなどが関わっています。ただ、その原因や症状が複雑で多彩であるといっても、その現われ方に幾つかの共通点があり、その共通点によって神経症は、幾つかの種類に分けられています。

このように、神経症には幾つかの共通点がありますが、最も大きな共通点は、その症状の中心が「不安」であるという事でしょう。

どんな人でも、状況によっては、不安な気持ちを持つのは当然のことです。例えば試験を翌日に控えている時とか、大勢の前でスピ-チをしなければいけない時などには、不安や緊張のために眠れない、胸がドキドキするといった経験は、誰にでもあると思います。

これは、対象がある不安で「現実不安」とよばれています。「不安は、危険を知らせる信号」(フロイト)と言われるように、現実に危機が目の前で起こりそうな場合に、不安というものが全くなければ、私たちは命を守る事すらできなくなります。

しかし、不安を感じるだけで、神経症の症状になるわけではありません。神経症の場合には、この不安が本人にとって非常に苦しいものであり、時には耐えがたいほどの苦痛を伴うものなのです。更には、社会的にも職業的にも、その苦痛のために、何らかの支障が起こってくるようなレベルの不安なのです。しかも、その不安が、ある程度の期間以上、続いているというのも特徴です。

例えば、不安のために、電車やバスにも乗れなくなって、家から殆ど出られなくなってしまったり、何度手を洗っても、汚れが落ちない気がして、1日の大半を手を洗って過ごし、勉強や家事もろくにできなくなってしまった、といったような具合です。

また、不安があっても、いつもそれを自覚できるわけではありません。その不安を自覚していないで身体に症状が現れる場合もあります。

そういう点から、前述の試験前やスピ-チの前に多少眠れなかったり、胸がドキドキするといったレベルとは、全く違うという事がおわかりいただけると思います。

逆に神経症は、内因性の分裂病や躁うつ病などとも違います。素人には、判別することが非常に難しいものですが、専門医がきちんと総合的に診察すれば診断がつきます。

1 2