家庭の医学

呼吸器について(3)

結核について

次に、呼吸器の病気のひとつである「結核」についてお話しします。

結核は、かつては国民病といわれ死亡率の高い病気でしたが、治療薬の開発や衛生状態の向上および栄養状態の改善等により1950代(昭和20年代後半)以降、患者数は減少傾向が続いてきました。

ところが、1997(平成9)年には、新登録患者数および罹患率が増加に転じています。平成12年版厚生白書によると、1998(平成10)年も2年連続で増加しており、新登録患者数は非定形抗酸菌陽性患者を含めて44,016人(対前年比1,301人増)となっております。
このほか、高齢者における結核患者の増加や、複数の抗結核薬に耐性を持つ多剤耐性結核の発生、病院内や施設内での集団感染の増加等が大きな問題となっており、公衆衛生審議会結核予防部会は1999(平成11)年6月に、「21世紀に向けての結核対策(意見)」を取りまとめております。
さらに、厚生大臣は同年7月「結核緊急事態宣言」を発し、医療関係者や行政担当者を含めた国民一人一人に対して、結核は過去の病気ではないとの注意喚起を行っております。

さて、その結核菌は、乾燥や高温などに対して大変抵抗性が強い菌です。吸入感染、特に空気感染によって人から人へ感染します。咳などにより体の外に出た結核菌は、菌の周りの水分が蒸発したあと、長時間空中を浮遊し続けます。これが肺に入ることによって感染が起こります。

結核の検査は、レントゲンを撮ったり、痰を調べてその中に結核菌があるかどうかを調べます。

結核は適切な治療を行えば、ほぼ確実に治る病気です。結核の治療は、抗結核薬による治療が中心です。リファンピシン、イソニアジド、ピラジナミドという3種類のお薬、またこれにエタンブトール、またはストレプトマイシンという薬を加えた4種類のお薬を組み合わせることによって、重症でも数ヶ月で治すことができるようになりました。

結核の治療で重要なことは、薬を毎日確実に飲むことです。
自覚症状がなくなっても薬を飲み続けることが必要です。途中で勝手に薬を飲むことをやめてしまうと、薬が効かない結核菌が出現してきて、それが人にうつっていくことになります。結核はきちんと治療し、人にうつさないように、また、結核に感染していない人はうつらないようにすることが大切です。
結核菌は咳やくしゃみで飛び散るため、病院では結核の患者またはその疑いのある人は、マスクをすることが必要です。そして、専用の部屋や待合室を使用します。中が陰圧になっていて、結核菌が飛び散らないよう工夫された部屋で痰を取ることもあります。
医師や看護婦、または、お見舞いにきた人にも感染する恐れがあります。感染を防ぐために、「N95」というある程度の大きさまでの微粒子を通さない、特別なマスクを密着してつけると効果があります。

結核にかからないようにするための予防法として、BCGといってウシの結核菌の毒を弱くしたものを予防接種する方法が一般的です。しかし、BCGの効果は10年から15年といわれ、だんだんその効果は落ちてきます。ですから、定期的に検査をすることが必要です。
家族が結核にかかったら家族全員の検査が必要です。咳が長く続いたり痰や熱が出たり、胸のあたりに痛みがあるときは早めに受診しましょう。
そうすることで早期治療もでき、周囲への感染も防ぐことができるでしょう。抵抗力が弱ってくると感染しやすくなります。結核に限らず、日ごろから休養と栄養をしっかり取り、適度な運動を行うことが大切ですね。

1 2