家庭の医学

腎臓・尿管・膀胱・(男性)生殖器などの病気(泌尿器系)について

腎臓・尿管・膀胱・(男性)生殖器などの病気(泌尿器系)について

はじめに

今日、高齢化社会を迎えるとともに多くの人々が、1日でも多く、元気でありたいと考えることは、誰もが思う普遍的な願いであり、また、そのサポートとして「医療」に課せられた責任も様変わりしてきました。つまり、今までは「年だから…」「恥かしいから…」などと、受診をためらわせていた症状(例えば「おしっこが出にくい」などの排尿障害、他、尿失禁など)も当然ながら治療の対象であり、それらを改善することによって「生活の質」向上を身近に感じることが容易となってきました。

一方、医療技術の進歩に伴い、病気の早期発見の機会が多くなり、早期治療は勿論のこと、治療の選択に至っても(治療を受ける側の意見も考慮した上で)、ある程度、幅が持てるようになってきました。以上の事柄は、特定の診療科に限らず、今や、どの診療科においても念頭に置かねばならないこと、となってはいますが、泌尿器科分野(腎臓、尿管、膀胱、(男性)生殖器など)の病気においても、これらの内容を踏まえた対応が不可欠であるといえます。
それでは、以下に泌尿器系の主な病気について(症状や治療法を中心に)述べていきます。

尿検査異常

尿潜血、(血尿)

腎臓あるいは腎臓以下の尿管、膀胱、尿道からの出血により尿中に血液成分である赤血球が排泄されたときに(尿検査にて)認められる陽性反応をさします。

考えられる主な病気

泌尿器科的疾患前立腺肥大症、尿路結石症、尿路感染症、膀胱腫瘍など
内科的疾患慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、ループス腎炎、家族性良性血尿など

尿潜血と血尿の区別について両者の違いは肉眼的に血尿を確認し得るか否か。つまり、尿中に多量の赤血球が排出された場合、(少量の場合は、尿は無色透明であり、赤血球の混在は顕微鏡検査でないと分からない。)字の如く、”血尿”と使い分けています。

尿蛋白

腎臓内で血液が濾過される場所である糸球体が障害されると尿中へ蛋白が排泄され、尿蛋白として認識されます。

考えられる主な病気

内科的疾患慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、高血圧性腎症、良性蛋白尿など

尿糖

健常者では糸球体で濾過された糖は尿細管(糸球体より続く管)で再吸収されるため、尿糖は陰性ですが、血糖値が160~180mg/dl以上に達した場合、糸球体で濾過された糖は尿細管での再吸収閾値を超えるため尿に糖が出現します。

考えられる主な病気

内科的疾患糖尿病、胃切除後、甲状腺機能亢進症

膿尿(尿混濁)

尿中に白血球が混入している状態で、尿路、生殖系に感染が存在することを示します。多くは黄白色の外観を呈します。

考えられる主な病気

内科的疾患腎臓・尿路の感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎など)

1 2