診療センター・診療科のご案内

乳腺外科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医師

当科の特徴

現在の日本では年間約5万人が乳がんに罹患しています。
女性のがんのなかで乳がんの罹患率は1位で、その数も年々増加しており、乳腺外科はそのような乳がんの診断・治療を行う専門の部門です。
患者さまはそれぞれ、がんの性質や病状、とりまく環境が違います。
当院では科学的根拠をもとに、患者さまお一人お一人に最適な治療の組み合わせを考え、生活の質(QOL)を充分に考慮した治療を行います。

ごく初期の癌を発見できるように乳腺専用のマンモグラフィ、超音波検査、PETなどの最新の検査機器を使用するほか、細胞診、針生検、マンモトーム生検なども駆使して、確実で迅速な診断を行います。
治療は、手術、放射線療法などの局所治療と、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などの全身治療があります。

マンモグラフィ検査 乳房専用のX線撮影装置です。
手で触っても分からないような小さな乳がん、しこりを作らない乳がんを細かい石灰の影(石灰化)として見つけることができます。
がん発見に非常に有効な検査です。
マンモトーム検査 マンモトームは、画像検査(マンモグラフィ又は超音波検査)で使用する乳房専用の組織生検装置です。
局所麻酔で数ミリの傷で組織採取を行います。
切開生検のような乳房の変化が少なく、低浸襲で確実な病理組織診断が行えるのが特徴です。
乳房超音波検査 乳房に超音波をあて、反射する超音波をもとに乳房の断面像を画像化します。
痛みもなく、放射線被ばくもありません。
小さな乳がんや乳腺症や良性腫瘍の診断も行います。
マンモグラフィでは分かりにくい若い女性にも有効です。

主な治療対象

乳がん、乳腺炎、乳管内乳頭腫、乳腺嚢胞、乳腺繊維腺腫、乳腺症 など

スタッフ紹介

前原直樹医師

乳腺外科 外科診療科部長

前原 直樹(まえはら なおき)

専門分野 外科
専門医・認定医 医学博士
日本乳癌学会:認定医
日本外科学会:専門医、指導医
日本消化器外科学会:専門医、指導医
日本がん治療認定医機構:暫定教育医、がん治療認定医
日本消化器病学会:専門医
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
日本消化器病学会
日本乳癌学会
日本内視鏡外科学会
日本甲状腺外科学会
日本胃癌学会
日本臨床外科学会

外来担当医師

1階外来 16診察室

午前

前原 直樹

前原 直樹

前原 直樹

午後
  • 診察は火・木・金で行いますが、検査(乳腺超音波、マンモグラフィー)は火曜日に行います。
  • 急患はこの限りではありません。

受付・診療時間

初診の場合

再診の場合