診療サポート部門のご案内

栄養管理室

概要

当院では、入院患者さまの病態に応じて、おいしく安心で安全な食事提供をしています。

季節感、家庭的なメニューを取り入れ、バラエティに富んだ献立づくりを心掛けています。また患者さまの食欲の有無や病態に合わせたきめ細かな個別対応ができるよう努力しております。

お食事について

お食事の時間
朝食 : 8時  昼食 : 12時  夕食 : 18時
※病棟によって、多少時間が前後することがあります
献立例
入院中のお食事は、栄養士が毎日栄養価計算をしており、食事制限のある患者さまも安心して召し上がれるよう味付けも工夫しています。
調理の際も、決められた調味料でよりおいしく仕上げるため、調理師が毎日奮闘しています。
ごはんの硬さやおかずの大きさも、患者さまの症状に合わせて常時対応しています。
また、入院期間中、患者さまに楽しんでいただけるように、季節感のあるメニュー提供を調理師と検討を行い提供しています。

栄養サポートチーム(NST)について

平成16年6月よりNST委員会を発足し、チームアプローチによって栄養管理を行っています。
NSTとは、患者さまに適切な栄養療法がなされているかどうか、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、言語聴覚士が、それぞれの専門分野を活かして話し合い、患者さま個人にあった栄養療法(必要エネルギー量、たんぱく質量、食事形態等)を提言することです。週1回(水曜日)NSTへ依頼のあった患者さまについて、栄養療法の検討と回診を行っています。

週1回の回診と併せて、毎月「NST合同研修会」を開催しております。
病院全体のレベルアップに繋がるとともに、多職種間のコミュニケーションをはかる良い機会にもなっております。
院外からの参加もできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

栄養指導

入院・外来の患者さま及びその御家族を対象に栄養指導を実施しています。

予約制となっておりますので、希望される方は主治医にお尋ね下さい。