先進医療部門のご案内

消化器病センター

概要

藤元総合病院消化器病センターは、消化器内科、放射線科、外科が、お互いに綿密な連絡・連携体制をとりながら、疾患内容とその進行度合により、内科的治療が良いのか、外科的治療が良いのかを迅速に判断し適切な治療を速やかに行っています。また消化器癌に対する化学療法、放射線療法も積極的に行っています。

放射線科

放射線科では、CT、MRI、PETなど、最先端の画像診断装置を駆使して、迅速かつ的確な診断を行っています。
また内視鏡を用いた胃・大腸の疾患の診断と治療、腹部血管撮影による診断及び血管内治療も行っています。
胆道系疾患に対する、ERCP、EST、PTBD等の診断・治療も行っています。

消化器内科

消化器内科では、食道、胃、大腸、肝臓、胆道などの臓器の疾患について、内視鏡を用いた早期の癌の診断と治療、拡大内視鏡による診断、造影エコーを用いた診断、胃癌や大腸癌の内視鏡的切除術などにも取り組んでいます。
また、肝癌に対するRFA治療も積極的に行っております。

外科

外科では消化器外科を主として、消化器全領域の疾患に対して放射線科、消化器内科、療養科(緩和治療)と共に合同治療を行っており、特に悪性の腫瘍に対し、術後の早期回復やQOLの向上を目指した腹腔鏡下手術や機能温存手術、更に根治性を追求した拡大手術等の質の高い外科的治療および総合的ながん治療を主眼としています。

認定施設

  • 日本消化器病学会関連施設
  • 日本外科学会外科専門医修練施設
  • 日本消化器外科学会指定修練施設関連施設
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設